検索
  • ひなた

こんにちは。

昨日の夕方、突然の雨の後に虹がでていました。

それも、外側にもう一つの二重になっていましたよ。


そこで、なぜ2重になるのか調べてみました。



ざっくり言うと、虹は水滴の中で太陽の光が反射したものです。

この時色によって、屈折する角度が違うので上のほうが赤く、下のほうが紫に見えるそうです。

内側にある明るい虹が『主虹』といって、水滴の中で1回反射したもの、外側のちょっとくらい虹が『副虹』といって、水滴の中で2回反射したものだそうです。

2回反射してるから、光の角度が変わって、上のほうが紫で、下のほうが赤く見えてるそうですよ。

調べるまで気づかなかったのですが、写真をよく見ると、確かに逆になってますね!!


さらに高い所を見ると三重になってることもあるそうなので、次に虹を見た時は、三重を探してみようと思います(⌒∇⌒)





1回の閲覧

Copyright © 有限会社 ツボハラ設備工業